多くの起業家が横浜で会社設立する理由

横浜は他の都市と比較しても、非常に起業家の多い街ですよね。
今回はなぜ横浜で会社設立する人が多いのか、その理由を解説します。

まず挙げられる理由は、「人口」です。
横浜は非常に人口が多い都市ですので、独立しようと考えている人の絶対数が多いのです。
ちなみに横浜は全国の市町村でもっとも人口が多く、およそ370万人もの住民がいます。
大阪市でもおよそ270万人、名古屋市でもおよそ230万人ですので、370万人という人口がどれだけずば抜けた数字なのか分かりますよね。

人口が多いと言うことは、独立を考えている人が多いと言うだけではありません。
それだけ消費者の数も多いと言うことです。
「会社」というのは、基本的に消費者がいなければやっていけません。
最終的に消費者に商品やサービスが提供され、そこで支払われたお金によって会社を経営します。
消費者が多ければ小売店も多くなり、小売店が多くなれば卸売店も多くなります。
横浜は消費者が日本一多い市と言えますので、起業家が多いのも必然と言えるのです。

次の理由として挙げられるのが「東京の近く」というポイントでしょう。
横浜と言う都市は単体で考えても日本トップクラスの経済規模を誇る大都市ですよね。
日本どころか世界に名を連ねる大都市の一つなのです。
そんな単体でも巨大な経済都市である横浜が、さらに巨大な経済都市である「東京」のすぐ近くに位置しているのです。
言うまでもなく、東京は日本の首都であり、日本一の経済都市です。
GDPランキングでは東京はニューヨークを上回る世界一であり、韓国やオーストラリアの国としてのGDPを上回っています。
そんな世界一の経済都市とも言える東京がすぐ近くにあり、電車などの交通機関で簡単に、しかも短時間で移動可能なのです。

このように横浜と言う都市は起業家にとって最高の環境と言える街なのです。
それ故に、横浜で会社設立する際はライバルも多くなるでしょう。
独自のアイデアや技術も重要ですが、それ以上に愚直な努力を惜しまない起業家のみが生き残れるシビアな街でもあるのです。