横浜での会社設立で弁護士に相談?

結論から言うと、会社設立の際に弁護士に相談することはあまり一般的ではありません。
たしかに弁護士という士業は、さまざまな業務を行うことが可能な裁量の広い士業です。
司法書士が行うことができる業務は全て弁護士も行うことができる、とされています。

しかし、やはり専門分野と言うものがありますよね。
簡単に言うと、会社設立を専門としている弁護士というのはあまり多くないのです。
弁護士は何でもできる士業であると言えますが、それぞれ専門分野や得意分野を持っていることが一般的ですが、会社設立、とくに登記は司法書士の専門分野なので、そういった部分を専門としている弁護士はあまり多くないのです。
言わば司法書士と弁護士の棲み分けですね。

では会社設立する際に弁護士事務所に相談するのは間違いなのでしょうか?
じつはそれも少し違います。
たしかに多くの弁護士にとって会社設立は専門とは言い難い分野ですが、弁護士事務所には司法書士も在籍していたり、司法書士事務所と提携していたりすることが多いのです。
そのような法律事務所に相談すると、会社設立は専門家である司法書士が、会社設立後の法務については弁護士が、といったようにそれぞれの専門分野を任せることが可能となるケースが多く、規模の大きな会社を設立することを検討している人などにとっては非常にメリットも大きいと言えるでしょう。
最初から最後まで同じ事務所に任せることができるのも大きなメリットです。
会社設立後に弁護士と顧問契約を結ぶことを検討しているのであれば、そういった法律事務所に相談するのがおすすめです。

ただし弁護士事務所に会社設立を依頼した場合、デメリットも存在します。
一言でいうと、値段が高い傾向があるのです。
もちろん報酬額の設定は事務所によりけりなので一概には言えませんが、平均して弁護士事務所に依頼した場合の報酬額は他の士業の事務所に依頼した場合よりも高額になりやすいと言えるでしょう。

横浜にはさまざまな士業の事務所があり、弁護士事務所や弁護士が在籍する法律事務所も非常にたくさん存在しています。
どのような事務所に相談すれば自分が会社設立するのにメリットが大きくなるのか、デメリットが最小限に抑えられるのか、よく比較してから依頼する事務所を選びましょう。