横浜での会社設立で相談するべき専門家は?

横浜ではさまざまな士業の事務所が居を構えています。
弁護士事務所、司法書士事務所、行政書士事務所、税理士事務所などなど、さまざまな事務所がありますよね。
横浜は市としては日本で最大の人口を擁していますので、本当にいろいろな事務所が存在しています。
しかしそれだけたくさんの事務所が存在していると、いざ会社設立をしようと言うとき、誰に相談すれば良いのか分からなくなってしまいますよね。
今回は会社設立の際に相談するべき専門家は誰なのか、という部分を解説します。

会社設立の際に相談するべき専門家は誰なのか、その答えは一言でいうと「ケースバイケース」です。
どのような業種のどのような事業形態のどの程度の規模の会社を立ち上げるのか、登記を任せるのか、書類作成のみを任せるのか、ケースによって相談するべき専門家は違ってきます。

たとえば飲食などの許認可が必要な業種で会社設立する場合、行政書士に依頼することが多いです。
しかし、行政書士だけでは登記申請代行などは業務として行うことはできません。
登記は司法書士か弁護士のみしか報酬をもらい代行するという行為が許されていませんので、行政書士に一から十まで全て任せることはできないのです。
ただ逆に言えば、書類作成と許認可のみを専門家に依頼したいのであれば、行政書士のみで事足りるということになります。
わざわざ複数の専門家に依頼する必要はないでしょう。

このようにどの士業がどの分野の専門なのか、どの業務を行うことができるのか、といった部分を把握しておくことが、まずは重要になります。
そして自分が会社設立するにあたって、どの部分を専門家に依頼したいのかを考えましょう。
定款作成のみ任せたい、登記申請の代行のみ任せたい、会社設立にあたってそれぞれ都合は違いますので、専門家に任せたい部分も違ってきますよね。
その任せたい部分が何なのかをしっかりと考え、それによって違ってくる正しい専門家に相談することが大切なのです。