横浜での会社設立とベンチャー企業

みなさんはそもそも「ベンチャー企業」と言う言葉が何を意味しているのか、ご存知でしょうか?
新しい会社、先進的な会社、といったイメージがありますよね。
しかし、新しい会社を設立しても、先進的な会社を設立しても、それだけでベンチャー企業と呼ぶのは少し違います。

ベンチャー企業と言うのは、簡単に言うと「比較的新しい会社の中で、時代の変化に合わせて新しい市場を生み出したり、その市場で独自の成長をしたり、それによって急成長した会社」を指します。
つまり、ある程度の成功をして、初めてその企業は「ベンチャー企業」と呼ばれるようになるのです。
会社設立した瞬間からベンチャー企業、と言う企業は存在しません。

そして横浜と言う都市は、ベンチャー企業が生まれやすい性質をもった街です。
国内でも稀なほど、多様な側面を持つ都市だからです。
横浜は日本でもトップレベルの経済規模を持つ経済都市ですが、それだけの街ではありませんよね。
横浜中華街、みなとみらい、桜木町、山下公園などなど、国内外から絶えず観光客が訪れる、日本屈指の観光地でもありますよね。
若者のデートスポットとしても人気ですし、トレンドの発信地でもあります。
さらに横浜は住宅街もたくさん存在しており、場所によっては東京のベットタウンとしても機能しています。
故に横浜は、市としては国内で最大の人口を擁しているのです。

このようにたくさんの表情を持ち、且つ常に人足が絶えない都市であるということは、それだけ新しい市場が生まれやすい都市であると言えるのです。
これから斬新なアイデアと独自の技術やノウハウで会社設立しようと言う人にとって、横浜は非常にチャンスの多い都市でしょう。
しかし、それは競合他社にとっても同じことです。
横浜で一旗揚げてやろうという人はたくさんいます。
アイデアや技術だけで成功するのは難しいでしょう。
横浜で勝ち抜くためには、会社設立前から十分に時間をかけて事業計画を練り、それに向けた地道な努力を重ねることが何よりも重要なのです。