横浜で一人会社設立

一般的に「会社」というと、会長がいて、社長がいて、専務がいて、といったように、役員が上層部に存在し、その下に従業員がいる「組織」をイメージしますよね。
しかし、会社がイコール組織と言うわけではありません。
世の中には「一人会社」もたくさん存在しているのです。
とくに横浜市は一人会社の経営者にとって会社運営しやすい街と言えるでしょう。
今回はなぜ横浜市が一人会社を運営しやすいのか、そもそも一人会社とは具体的にどのような会社なのか、といった部分を解説します。

まずは「一人会社とは」といった部分からです。
もちろん読んで字のごとく、経営者以外の社員や従業員が存在しない会社です。
しかし経営者一人の会社というのは、あまりイメージしやすいものではありませんよね。
いったい、どのようなケースで一人会社を設立することが多いのでしょうか?

例として挙げられるのはやはり、「法人成り」でしょう。
法人成りとはそれまで個人事業主として事業運営してきた人が、経営が軌道に乗ってきて法人化することを指します。
さらなる事業拡大を考えて法人化するケースもありますが、税金対策や信用獲得のために法人化するケースも多いです。
おそらく一人会社の設立は、この法人成りのケースがもっとも多いでしょう。
もちろん単純にいきなり一人会社を設立するようなケースも珍しくはありません。

では次に、なぜ横浜は一人会社設立に適した街なのか、についてです。
これにはさまざまな理由があります。
多様な側面を持つ都市なのでチャンスを掴みやすいこと、レンタルオフィスやバーチャルオフィスと言った一人会社に最適なサービスが豊富であること、会社設立の専門家が多いこと、などが挙げられます。

とくに専門家が多いと言うのは大きなメリットでしょう。
司法書士事務所や行政書士事務所など、会社設立の際に書類作成や手続きなどを任せることができる専門家です。
インターネットが普及して素人一人での会社設立も容易にはなりましたが、誰もが皆、自信があるわけではありませんよね。
会社設立の際は知らないことで損をする部分もたくさんあります。
横浜で会社設立しよう、でも不安を感じている、というのであれば、まず専門家に相談すると良いでしょう。