横浜で税理士と会社設立

司法書士、行政書士など会社設立の際に頼れる士業はたくさんありますが、「会社設立のときは近所の税理士事務所に頼んだよ」という会社経営者は多いですよね。
横浜には税理士事務所が数多く存在しますので、何気なく近場の税理士事務所を利用した人も多いのです。
しかし会社設立に税理士を利用すると、いったいどんなメリットが得られるのでしょうか?

税理士に会社設立を依頼する最大のメリットは、会社設立後の付き合いにあるでしょう。
税理士と言う仕業の主たる仕事は、じつは会社設立後にあるのです。
帳簿を作成したり決算申告したりと、税理士の力が必要となるケースは数多く存在します。
そしてそちらが税理士にとっての本来の業務と言えるのです。
会社設立時に税理士に依頼すると、会社設立後にそういった部分を任せる税理士を探す手間が省けます。
会社設立後の顧問契約を前提で依頼するのであれば、報酬の大幅値引きや無料化も検討してくれるでしょう。

そしてもう一つのメリットが、会社設立以前の部分から任せられるというポイントです。
会社設立とは主に定款を作成することから始まります。
しかし、融資や出資を募る場合、定款作成の前に「事業計画書」が必要ですよね。
これがないと融資も出資も見込めませんので、定款を作ることすらできません。
そんな会社設立以前の最重要書類とも言える事業計画書の作成も、税理士の専門分野と言えるでしょう。

ただ逆に言うと、本来は会社設立時の書類作成、手続きなどに関して、税理士は専門分野ではありません。
登記申請代行などは税理士には行えない業務です。
と言うよりも、登記申請は司法書士か弁護士でないと代行できない業務になります。
仮に登記申請も専門家に依頼したいとなれば、そこだけは司法書士に依頼することになるでしょう。
つまり、会社設立に関わる全てを最初から最後まで税理士がやってくれるわけではないのです。

しかし多くの税理士事務所は司法書士事務所と提携していますし、当然ながら税理士は素人より遥かに深い知識と経験を持ち合わせていますので、頼れる存在なのは間違いありません。
会社設立の際に最初に相談する相手として、税理士は非常におすすめな士業なのです。