会社設立は流れと期間に注意

 

・会社設立の流れ
会社設立をするためには、まずは事業内容を決めて、定款を作成し認証してもらい、それでいて各所に手続きと申請が必要となってきます。
また、それだけではなく企業や会社としてやっていくためには、当然のように事務所や店舗が必要となってきますし、そこで使う設備や備品も必要です。
個人事業主やフリーランスではない限り、役員や社員に関しても確保しなくてはなりません。
単に会社設立までであれば、手続きと申請だけを済ませれば誰でもできます。
しかし、重要なのは企業や会社として設立した後に、事業を続けていけるかどうかです。
ここが上手くいかずに、10年以内に倒産してしまうところも多々あります。
近年は5年ほどで経営や運営が傾いてくるということも十分に考えられます。
経営や運営をする場合は、単なる手続きや申請だけで終わるのではなく、その後も息の長い企業を目指していくことが必要となるでしょう。

 

・手続きや申請は専門家に任せる
正直なところ、手続きや申請は面倒なだけであって、特に難しいことはありません。
ただ、手続きや申請で間違ったりするとやはり修正などもあって、手間がかかります。
それを考えると、最初から専門家に任せておいた方が良いかもしれません。
税金のことなら税理士に相談できますし、手続きや申請のことなら司法書士や行政書士に任せることができます。
事実、会社設立をする人の中には、すべて専門家に任せているという方も多いです。
その方が手間も面倒もかかりませんし、何より間違ったまま事業を行うということもないので、安心して経営・運営を続けていくことができます。
そこもしっかり考えて、まずは手続きや申請を専門家に相談してみてください。
もちろん費用はかかることが多いですが、近年は無料相談に乗ってくれるというところも多くなっています。

 

・経営や運営のことを考える
手続きや申請に関しては、一度通れば後はもう必要ありません。
変更などがあった場合は修正が必要ですが、それ以外で何かしなくてはならないということも原則としてはありません。
それよりも考えておかなくてはならないのが、経営や運営のことです。
どれくらいの仕入で、どれくらいの売上があり、どれくらいの純利益が出るのかなどなど、考えておくことは山ほどあります。
また、社員に関しても役員に関しても報酬が必要ですし、そもそも人手不足の昨今、人材採用もどうするべきなのか考えないといけません。
それらも考慮して、まずはしっかりと考えてみましょう。