会社設立後の休日の決め方

 

会社設立で重要となってくるのが、休日の決め方ですよね。
年中無休で働くということは、まず難しいというか不可能です。
経営する人や運営する人は良いかもしれませんが、社員やスタッフ、従業員を採用しようと考えているのなら、必ず休日に関しても考えていくことが必要です。
休日には大きく分けて、国が定めている休日があり、その他だと労働者に許されている有給休暇などの休日があります。
それらを合わせて、年間休日がどれくらいになるのかについても考えることが必要です。
ちなみに、年間休日の平均に関しては100日~が120日前後となっています。
ただ、サービス業の企業や会社の場合、80日前後ということもあります。
ここは会社設立の際に、しっかりと決めておくと後々トラブルや問題も避けられるでしょう。

会社や企業と労働者が争ってしまう要因の多くが、こういった休日です。
特に近年は給与よりも休日を大切にしている方が多く、休み意外にも残業などにも反対する人が増えてきている傾向にあります。
経営する人や運営する人から見ると、利益を確保することが最優先でしょう。
そのためには、低賃金で労働者を長時間働かせるのが効率も良いです。
しかし、それでは国から認められませんし、そもそも労働基準法に抵触してしまいます。
年間休日は土日完全休日だとしても、足りないと思っている労働者は多いです。
それにプラスして祝日も必要となってきますし、有給休暇も必要となってくるのです。
今後はより給与よりも休日を求める方が多くなってくるはずなので、これから会社設立をする人は、かなり追い込まれた状況となるかもしれません。
より少ない労働時間で最適な利益を出し、給与の確保していくことが生き残っていくための道となるでしょう。
会社設立をすれば、取引先やクライアントとの関わりが重要となってきますが、それ以上に重要となってくるのが働く人たちとの関係です。
そこを上手にできる企業は、やはり生き残っていける可能性も高いと言えるでしょう。

近年は休日も色々と設定しているところが多いですが、さらに求められているのが介護休暇や育児休暇です。
その他にもリフレッシュ休暇やバースデー休暇などを取り入れる企業も増えています。
その結果、年間休日の日数はとても多くなっていると言えるでしょう。
会社設立をするのなら、まずは最適な休日日数を考えてみてはいかがでしょうか。
それが会社としてやっていくために重要な鍵となります。