会社設立時のはんこ登録

 

会社設立の時には、はんこを登録する必要があります。
はんこといっても個人の印鑑だけではなく、法人の印鑑の登録も必要です。
登記手続きの時には届け出る書類がたくさんあるので、少々大変になるかもしれません。
そこでここでは、まずは複数枚用意しなくてはいけない個人の印鑑証明書と法人の印鑑届出書の手続きについて、詳しく説明したいと思います。

まず、個人の印鑑証明書についてのお話をしたいと思います。
印鑑証明書は、個人の印鑑を役所に届け出て、この世にただひとつの印鑑であることを登録する証書になります。
会社設立の時には、この印鑑証明書を法務局に提出する必要があるのですが、提出する時には発起人の人数分と、取締役の人数分の印鑑証明書が必要になります。

発起人と取締役の両方を兼任している場合は、それぞれ1部ずつ必要になるため用意をしておきましょう。
また、取締役会を設置する場合は、代表取締役の一部だけを法務局に提出するのでOKです。
その場合、他の役員の印鑑証明書は不要です。

このように、登記手続きは、複数枚の印鑑証明書を法務局に提出しなくてはならないため、書類の抜けがないよう注意しなければなりません。
続いては、印鑑届出書についての説明です。
こちらは、法人の印鑑を登録するときに、法務局に届け出る書類になります。

法人の印鑑は、個人の印鑑とは別に用意しておく必要があり、そちらを印鑑届出書に捺印して登録することになります。
印鑑届出書は、法務局か法務局のホームページで入手することができます。
ホームページで利用する場合は、印刷をして紙の書面に必要事項を記入していく必要がありますので、そちらを用意してください。

法人の印鑑が登録できたら法人口座の利用や、取引先との契約の際にこちらの印鑑を使うことができます。
ちなみに、印鑑届出書に登録する印鑑のことを代表者印と言います。
これは会社の実印になりますので、会社の重要な契約や意思決定の際の証明印として使うものです。
ですので、第三者が勝手に触れないような場所に、保管しておくことが肝心です。

あと、この代表社員の印面は、複雑な書体にすることが一般的になっています。
なぜそうするのかというと、シンプルな書体の印面だと 偽造されてしまう恐れがあるからです。
それを防ぐために、大体の会社では、万が一の時のために複雑な模様のような印面が彫られた印鑑を会社の印鑑にしています。

このように会社設立の時には、会社のものとして登録する印鑑が必要になりますので、事前に作っておくと良いでしょう。
費用はだいたい安いものだと1万円、高いものだと3万円程度が相場になっています。
一度作ったら、長い間使うことになりますので、気に入ったデザインのものを選びましょう。